お知らせ詳細

129

2016年11月1日 更新

New!
サステイナブルな地域と経済の構想

岡山県の産業政策と倉敷市の地域構造を分析したうえで、産業政策としての繊維、コンビナート、介護と医療といった分野を取り上げ、それぞれの変遷や課題を考察する。

最近、『サステイナブルな地域と経済の構想―岡山県倉敷市を中心に―』という学術書が御茶の水書房から刊行された。政経研理事の相田利雄さんを中心とする、法政大学サステイナブル研究教育機構・法政大学大原社会問題研究所の「労働政策研究会」に集ったメンバーによる共著である。

この研究会は、2009年8月に発足して、1月1回のペースで研究会を行ってきており、幾度にもわたって倉敷に出かけ、岡山県・倉敷市の行政関係者や産業・企業の責任者から聴き取り調査を行ってきた。また、2011年度から3年間、文部科学省科学研究費の助成も受けて倉敷市の繊維産業の技能継承や人材育成に関する調査・研究を続け、合わせて倉敷市の諸問題・まちづくり、医療・福祉について調査・研究を進めた。

相田さんによると、法政大学大原社会問題研究所の起源は岡山県・倉敷市にあり、大原社会問題研究所とつながりのある大原美術館、倉敷中央病院、岡山大学資源植物科学研究所などと「大原ネットワーク」が構築されているため、聞き取り調査等を円滑に進めることができたそうだ。以下、相田さんに聞いてみた。 

―大原社研の起源はわかるが、何故研究対象が倉敷なのか?
《相田》①エネルギー産業・重化学産業から軽工業まで日本の諸製造業が集積していること、同時に、②医療・福祉産業の就業者が多いこと、加えて、③街並み保存や公害環境問題をめぐって市民活動が活発であること、④産業構造や人口構造の変化が社会生活にどのような影響を与えるのかを把握するのに好適地であること、である。 

―倉敷市の地域構成と産業編成はどうなっているのか?
《相田》旧倉敷市、児島地区、水島地区、真備船穂地区などの地域で構成されている。同市には、旧倉敷市の美観地区などの観光産業、児島地区の繊維産業、水島地区のコンビナート、そして真備船穂地区の農業といった、日本の産業の縮図が存在する。
 

―この研究でポイントになる、あるいは特に重視したのは何か?
《相田》地域産業における中小企業問題、雇用問題、技能継承問題、それから大気汚染や「光問題」などの公害問題ならびに公害患者の生活問題である。
 

―この研究の意義は何か?
《相田》倉敷市を対象とした地域社会の調査研究は、現在の日本における地域社会の再生のみならず、今後の日本社会の進むべき道筋を示すものと考える。今回の研究はそういう試みでもある。


普段お茶目な相田さんも、研究は真剣である。

一覧ページへ戻る

公益財団法人 政治経済研究所

〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5-4

Tel 03-5683-3325 Fax 03-5683-3326

お問い合わせはこちら

代表理事・理事長、鶴田 満彦からのご挨拶

設立70周年募金

当法人は2016年に設立70周年を迎え、期間限定の募金活動を行っております。

詳細はこちら

調査研究受託事業のご案内

  • 企業分析
  • 行政・議会・議員・政党からの受託
  • 市民セクターからの受託

詳細はこちら

ご入会について

政治経済研究所維持会員・研究会員のご入会案内です。

詳細はこちら

ご寄付のお願い

当法人の活動は皆様のご寄付で成り立っています。

詳細はこちら

刊行物・書籍紹介

書籍表紙

学術刊行物『政經研究』や政経研究のニュースレター版『政経研究時報』、『世界経済史概観』など各種刊行物・書籍のご紹介。

刊行物・書籍一覧

政治経済研究所へのアクセス

公益財団法人政治経済研究所
〒136-0073
東京都江東区北砂1丁目5-4
Tel 03-5683-3325
Fax 03-5683-3326
最寄駅
半蔵門線 住吉駅
都営新宿線 西大島駅
東西線 南砂町駅

アクセスについて

付属機関

東京大空襲・戦災資料センター

pagetop