刊行物・書籍

政経研究時報

政経研究時報

「政経研究時報」は、『政経研究』のニュースレター版として、
○当面する政治・社会・経済・産業などの分野で、アップトゥデートな情報と的確な視点に立った判断材料を提供
○研究所の活動状況・研究成果をその都度
報告するものです。
会員の方々にお送りいたします。(ISSN 1343-1560)

フリーワード検索

No. 15-1 発行年月 2011年9月1日
タイトル 『政経研究時報』No.15-1
2011年9月 発行

TPP(環太平洋経済連携協定)再発火
小宮昌平
東日本大震災とボランティア
――仙台・石巻報告
山本唯人
研究所の動向(4~6月)
No. 14-2 発行年月 2010年12月1日
タイトル 『政経研究時報』No.14-2
2010年12月 発行

公開研究会「日本の財政危機について」から学ぶ
菅隆徳
「東京問題」と武居さん
小宮昌平
魚介類中水銀のリスク管理は万全か
――国水研調査、太地町毛髪水銀濃度レベルをどうみるか?
小野塚春吉
自作農消滅・構造ギャップ拡大の2010年農業センサス
笛木昭
No. 14-1 発行年月 2010年6月1日
タイトル 『政経研究時報』No.14-1
2010年6月 発行

ブラジルの経済と政治をどう見るか
――山崎圭一・横浜国立大学教授の報告を聞いて
北村浩
中日社会主義フォーラム
――「レーニンと東洋社会」の報告
小宮昌平
大門正克著『戦争と戦後を生きる』を読んで
高嶋信
マディソンさんの死去
No. 13-特別号 発行年月 2010年3月1日
タイトル 『政経研究時報』No.13-特別号
2010年3月 発行

東亜研究所小史
渡辺新
No. 13-4 発行年月 2010年3月1日
タイトル 『政経研究時報』No.13-4
2010年3月 発行

JAS法にみる食品表示制度の課題
渡辺新
戦時下の栄養問題と三輪寿壮
――日本勤労栄養学校との関係を中心に
山本唯人
書評 高田太久吉著『金融恐慌を読み解く』を読んで
合田寛
No. 13-3 発行年月 2010年2月1日
タイトル 『政経研究時報』No.13-2
2010年2月 発行

金融危機でロシアは
小宮昌平
再生するロシア企業会計
森章
No. 13-2 発行年月 2009年8月1日
タイトル 『政経研究時報』No.13-2
2009年8月 発行

オバマ政権の150日
――オバマノミクスの試練
合田寛
民間地域防空団体・防護団の源流
――青年団関係資料の収集と整理
山本唯人
ポイント・システムに関する新会計基準の影響
――ユナイテッド航空を事例として
松田真由美
No. 13-1 発行年月 2009年7月1日
タイトル 『政経研究時報』No.13-1
2009年7月 発行

金森久雄氏の講演「世界と日本の経済をどうみるか」を聞いて
鶴田満彦
戦争災害研究室の研究活動報告
山辺昌彦
世界金融危機における中国
小宮昌平
フィンランドを訪れて
北村実
No. 12-3 発行年月 2009年3月1日
タイトル 『政経研究時報』No.12-3
2009年3月 発行

建部正義さんの講演「世界金融危機が意味するもの」を聞いて
編集部
世界金融危機と現代資本主義
合田寛
書評 中谷巖著『資本主義はなぜ自壊したのか』
齊藤壽彦
『ファシズムの解剖学』読書会開催のお知らせ
山本唯人
No. 12-2 発行年月 2008年10月1日
タイトル 『政経研究時報』No.10-2
2008年10月 発行

人類を平和へと導くために
――日本国憲法の構想力を改めて問う
浦田賢治
温室効果ガス排出削減、日本の課題
――洞爺湖サミットの結果をふまえて
歌川学
ポイントカード
――消費者保護と財務リスクの増大
松田真由美

代表理事・理事長、鶴田 満彦からのご挨拶

設立70周年募金

当法人は2016年に設立70周年を迎え、期間限定の募金活動を行っております。

詳細はこちら

調査研究受託事業のご案内

  • 企業分析
  • 行政・議会・議員・政党からの受託
  • 市民セクターからの受託

詳細はこちら

ご入会について

政治経済研究所維持会員・研究会員のご入会案内です。

詳細はこちら

ご寄付のお願い

当法人の活動は皆様のご寄付で成り立っています。

詳細はこちら

刊行物・書籍紹介

書籍表紙

学術刊行物『政經研究』や政経研究のニュースレター版『政経研究時報』、『世界経済史概観』など各種刊行物・書籍のご紹介。

刊行物・書籍一覧

政治経済研究所へのアクセス

公益財団法人政治経済研究所
〒136-0073
東京都江東区北砂1丁目5-4
Tel 03-5683-3325
Fax 03-5683-3326
最寄駅
半蔵門線 住吉駅
都営新宿線 西大島駅
東西線 南砂町駅

アクセスについて

付属機関

東京大空襲・戦災資料センター

pagetop