お知らせ詳細

2021年度第4回公開研究会 報告者のプロフィール&報告のポイント

2022年3月6日 更新

2021年度第4回公開研究会のご案内

テーマ 「中銀デジタル通貨とは何か-設計上の論点とインパクト-」
報告者 中島真志(麗澤大学経済学部教授
         日本銀行、国際決済銀行(BIS)などを経て現職)

日 時 2022年3月12日 (土)16:40~18:40
    (報告1時間、質疑応答55分)

場 所 オンライン(zoom)開催
参加費 500円(研究会員および招待関係者は無料)
特 典 申込みされた方に、1ヶ月間映像アーカイブを公開します。
申込み 一般の方はお支払い方法、研究会員の方は下のリンクを選択してください。
    一般の方(Peatixチケットをご利用の方[クレジットカード等利用可])
    一般の方(ゆうちょ銀行
    研究会員・招待関係者の方

 
※前日にzoomの招待メールをお送りします。その際に、資料も送信する予定です。


 最近、「中銀デジタル通貨」(CBDC)という言葉を聞く機会が増えている。CBDCとは、中央銀行がデジタルの形態で発行する通貨であり、一言でいうと、現金をデジタル化したものと考えればよいだろう。

 カンボジアやバハマなどではすでにCBDCの正式な発行にこぎ着けており、中国でも「デジタル人民元」の導入が今年中に見込まれ、すでに発行は秒読み段階である。欧米でも、ECB(欧州中銀)が、昨年10月から「デジタル・ユーロ」のプロジェクトを開始しており、米FRBでも今年1月に取組み方針についてのレポートを公表した。この間、日本銀行でも昨年4月から「デジタル円」の実証実験を始めている。

 こうした状況の下、本研究会では、なぜ今、中銀デジタル通貨が問題となっているのかについてみたうえで、先進プロジェクトの状況についてみる。そして、CBDCのデザインについて、いくつかの論点からどのような設計タイプがありうるのかについてみることとする。そのうえで、CBDCが実際に導入された場合にどのようなインパクトが生じる可能性があるのか、懸念すべき点はないのか、などについて考えてみたい。

▼報告者略歴

 1981年一橋大学を卒業後、日本銀行に入行。調査統計局、金融研究所、金融機構局、国際決済銀行(BIS)などを経て、2006年より麗澤大学経済学部教授。博士(経済学)。早稲田大学非常勤講師を兼任。

 主要著書として、『決済システムのすべて』『証券決済システムのすべて』『SWIFTのすべて』『外為決済とCLS銀行』などがある。決済分野を代表する有識者として、金融庁や全銀ネットの審議会等にも数多く参加している。

 2017年発刊の『アフター・ビットコイン』は、仮想通貨とブロックチェーンを扱った一冊として注目を集め、5万部を超えるベストセラーとなった。また、最新刊(2020年発行)である『仮想通貨 vs. 中央銀行-デジタル通貨の次なる覇者-』では、中銀デジタル通貨(CBDC)について詳しく解説している。

 

▼日時
2022年3月12日(土)16時40分~18時40分

▼会場
オンライン

▼映像アーカイブ特典
申込みされた方限定で、一ヶ月間、全編の映像アーカイブズを公開いたします。

▼主催
公益財団法人 政治経済研究所

一覧ページへ戻る

公益財団法人 政治経済研究所

〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5-4

Tel 03-5683-3325 Fax 03-5683-3326

お問い合わせはこちら

代表理事・理事長、鶴田 満彦からのご挨拶

調査研究受託事業のご案内

  • 企業分析
  • 行政・議会・議員・政党からの受託
  • 市民セクターからの受託

詳細はこちら

ご入会について

政治経済研究所維持会員・研究会員のご入会案内です。

詳細はこちら

ご寄付のお願い

当法人の活動は皆様のご寄付で成り立っています。

詳細はこちら

刊行物・書籍紹介

書籍表紙

学術刊行物『政經研究』や政経研究のニュースレター版『政経研究時報』、『世界経済史概観』など各種刊行物・書籍のご紹介。

刊行物・書籍一覧

政治経済研究所へのアクセス

公益財団法人政治経済研究所
〒136-0073
東京都江東区北砂1丁目5-4
Tel 03-5683-3325
Fax 03-5683-3326
最寄駅
半蔵門線 住吉駅
都営新宿線 西大島駅
東西線 南砂町駅

アクセスについて

付属機関

東京大空襲・戦災資料センター

pagetop