お知らせ詳細

2017年4月20日 更新

政経研 定例研究会
神奈川県における都市農業の社会的意義

首都近郊の農業を取り巻く現状を踏まえて、地域産業としての農業振興策を社会科学の視点から理論的に解明する

日時:20161210日(土) 14:00
会場:パルシティ江東 3階 第3研修室
報告者 かながわ農業研究会
  唐澤克樹(政治経済研究所研究員・倉敷市立短期大学)
  澁谷朋樹(法政大学大学院)   
  
山形新之介(法政大学大学院)

報告概要  

本報告の目的は、首都近郊の農業を取り巻く現状を踏まえて、地域産業としての農業振興策を社会科学の視点から理論的に解明することにある。

日本における都市農業の概念は、高度経済成長による都市化や工業化が進展する中で生まれたとされている。1968年に「都市計画法」が施行されたときには、農業は都市から消えゆく存在としてとらえられていた。

しかし、現在では、農業は都市を構成する重要なファクターとして評価されているといえる。農林水産省や国土交通省においても、こうした議論がなされるようになり、2015年には、「都市農業振興基本法」が施行された。その目的として、「都市農業の安定的な継続を図るとともに、都市農業の有する機能の適切かつ十分な発揮を通じて良好な都市環境の形成に資すること(都市農業振興基本法第1条)」と明記されているのは、その証左であるといえよう。地方自治体に目を向けると、2006年に「神奈川県都市農業推進条例」、2008年に「大阪府都市農業の推進及び農空間の保全と活用に関する条例」が施行されている。

本報告では、都市農業の振興支援策を講じる自治体に焦点を当てることとする。そこで、神奈川県内の19市を対象としたアンケート調査、および2市へのヒアリング調査を実施した。その上で、自治体が都市農業をどのようにとらえているのかを明らかにし、今後の都市農業における政策の方向性について考察する。

一覧ページへ戻る

公益財団法人 政治経済研究所

〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5-4

Tel 03-5683-3325 Fax 03-5683-3326

お問い合わせはこちら

代表理事・理事長、鶴田 満彦からのご挨拶

調査研究受託事業のご案内

  • 企業分析
  • 行政・議会・議員・政党からの受託
  • 市民セクターからの受託

詳細はこちら

ご入会について

政治経済研究所維持会員・研究会員のご入会案内です。

詳細はこちら

ご寄付のお願い

当法人の活動は皆様のご寄付で成り立っています。

詳細はこちら

刊行物・書籍紹介

書籍表紙

学術刊行物『政經研究』や政経研究のニュースレター版『政経研究時報』、『世界経済史概観』など各種刊行物・書籍のご紹介。

刊行物・書籍一覧

政治経済研究所へのアクセス

公益財団法人政治経済研究所
〒136-0073
東京都江東区北砂1丁目5-4
Tel 03-5683-3325
Fax 03-5683-3326
最寄駅
半蔵門線 住吉駅
都営新宿線 西大島駅
東西線 南砂町駅

アクセスについて

付属機関

東京大空襲・戦災資料センター

pagetop