お知らせ詳細

ご案内

2021年6月7日 更新

現代経済研究室 研究会のご案内

ポスター


 下記の要領で、現代経済研究室の研究会を開催いたします。


テーマ 斎藤幸平『人新生の「資本論」』を読んで

報告者 中谷武(神戸大学名誉教授)

日 時 2021年7月5日(月)14:00~16:00 

場 所 オンライン(Zoom)・オフライン(当法人1F映像・講話室)併用

参加費 一般(300円)
    研究会員(無料)

参考文献 斎藤幸平『人新生の「資本論」』(2020, 集英社新書)

※新型コロナウイルスの感染状況により、オフライン開催を中止する場合がございます。

 初夏の候、皆様いかがお過ごしでしようか。次回研究会は、中谷武さんに、齋藤幸平「人新世の『資本論』を読んで」と題して報告をいただきます。報告内容とその趣旨については、中谷さん自身の言葉で語っていただきました。

 齋藤氏の「人新世の『資本論』が大変な評判になっています。本書は気候変動危機をグローバルで、資本主義経済そのものに関わる問題として捉えて、マルクスの再解釈にも挑む興味深い書物です。私も一読者として本書から学んだ興味深い点と、併せていくつかの疑問点や残る分析課題などについて述べるのが今回の報告の内容です。
 
 具体的には、前者としては、気候変動問題をマルクスの人間と自然の物質循環から捉える重要性、脱成長の概念、特にその労働時間の短縮との関わり、そして私はこれについて詳しくありませんが、欧州・北米等で生じている気候変動、貧困と格差、ジェンダー、人権等の若者の動きが挙げられます。

 他方で、疑問点や課題としては、脱成長コミュニズム概念の具体的なイメージ、特に市場経済との関係をどう考えるか、技術や生産力と社会変化との関わりについて、そしてすべての社会構成員が決定に参加できる社会編成としてコモンを捉えることの意義について、私には十分納得できない面があることについて議論します。

 といっても私がこれらの疑問への解答を持ち合わせているわけではなく、皆さんと一緒に考えて行ければと思います。

一覧ページへ戻る

公益財団法人 政治経済研究所

〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5-4

Tel 03-5683-3325 Fax 03-5683-3326

お問い合わせはこちら

代表理事・理事長、鶴田 満彦からのご挨拶

調査研究受託事業のご案内

  • 企業分析
  • 行政・議会・議員・政党からの受託
  • 市民セクターからの受託

詳細はこちら

ご入会について

政治経済研究所維持会員・研究会員のご入会案内です。

詳細はこちら

ご寄付のお願い

当法人の活動は皆様のご寄付で成り立っています。

詳細はこちら

刊行物・書籍紹介

書籍表紙

学術刊行物『政經研究』や政経研究のニュースレター版『政経研究時報』、『世界経済史概観』など各種刊行物・書籍のご紹介。

刊行物・書籍一覧

政治経済研究所へのアクセス

公益財団法人政治経済研究所
〒136-0073
東京都江東区北砂1丁目5-4
Tel 03-5683-3325
Fax 03-5683-3326
最寄駅
半蔵門線 住吉駅
都営新宿線 西大島駅
東西線 南砂町駅

アクセスについて

付属機関

東京大空襲・戦災資料センター

pagetop