お知らせ詳細

2021年度第2回公開研究会 報告者のプロフィール&報告のポイント

2021年6月29日 更新

2021年度第2回公開研究会のご案内

ポスター

報告者 太田三郎(経営学者、千葉商科大学名誉教授、経営行動研究学会会長)
テーマ 「コロナ禍での中小企業の現状と課題――企業倒産を中心として――」
日 時 2021 年 9 月 4日 (土)14:00~16:00
場 所 オンライン(zoom)・オフライン併用開催
参加費 700円(当法人研究会員は無料)
特 典 申込みされた方に、1ヶ月間映像アーカイブを公開します。
申込み 一般の方はお支払い方法、研究会員の方は下のリンクを選択してください。
    一般の方(Peatixチケットをご利用の方[クレジットカード等利用可])
    一般の方(ゆうちょ銀行
    研究会員の方


※新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては予定を変更する場合がございます。
※ホームページの更新を当日までご確認ください。
※ご不明な点がありましたら、最下段にございます当法人の連絡先までお問い合わせください。


 2020・21年の経済状況をみると、今後コロナ禍が収束したとしても、働き方や効率性など、社会・経済に様々な影響を残すことが予想されます。

 今回の研究会報告の目的の1つは、倒産は企業の死(最終局面)を意味せず、経営活動の1つのプロセスと理解することができるので、コロナ禍よる倒産を時系列で観察し、倒産データ分析をもとにして、コロナ倒産の経済特性を観察し、コロナ倒産から再生(回復)ができる処方箋を探ることです。 

 報告2つめの目的は、最近、「K字型回復」という用語が使われ、世界経済のキーワードとも言われていますが、コロナ後の中小企業の盛衰は、K字型と、どうかかわりがあるのか。ポストコロナの中小企業は、どのように経営に対応すべきか、について言及することです。

 この2つの課題、すなわち①コロナ倒産の回復(再生)の処方箋と、②ポストコロナでの中小企業の持続可能な成長要因(質的成長・量的成長)に共通するキーワードを見つけだせればと思います。




▼日時
2021年9月4日(土)14時00分~16時00分

▼参加費(最下段の「申込み方法」をご参照ください)
700円

▼会場
オンライン&オフライン
(オフラインで参加を希望される方はこちらよりお申し込みください。 )

▼映像アーカイブ特典
申込みされた方限定で、一ヶ月間、全編の映像アーカイブズを公開いたします。

▼主催
公益財団法人 政治経済研究所

▼報告者
太田三郎(千葉商科大学名誉教授、経営行動研究学会会長) 

一覧ページへ戻る

公益財団法人 政治経済研究所

〒136-0073 東京都江東区北砂1丁目5-4

Tel 03-5683-3325 Fax 03-5683-3326

お問い合わせはこちら

代表理事・理事長、鶴田 満彦からのご挨拶

調査研究受託事業のご案内

  • 企業分析
  • 行政・議会・議員・政党からの受託
  • 市民セクターからの受託

詳細はこちら

ご入会について

政治経済研究所維持会員・研究会員のご入会案内です。

詳細はこちら

ご寄付のお願い

当法人の活動は皆様のご寄付で成り立っています。

詳細はこちら

刊行物・書籍紹介

書籍表紙

学術刊行物『政經研究』や政経研究のニュースレター版『政経研究時報』、『世界経済史概観』など各種刊行物・書籍のご紹介。

刊行物・書籍一覧

政治経済研究所へのアクセス

公益財団法人政治経済研究所
〒136-0073
東京都江東区北砂1丁目5-4
Tel 03-5683-3325
Fax 03-5683-3326
最寄駅
半蔵門線 住吉駅
都営新宿線 西大島駅
東西線 南砂町駅

アクセスについて

付属機関

東京大空襲・戦災資料センター

pagetop