刊行物・書籍

政経研究時報

政経研究時報

「政経研究時報」は、『政経研究』のニュースレター版として、
○当面する政治・社会・経済・産業などの分野で、アップトゥデートな情報と的確な視点に立った判断材料を提供
○研究所の活動状況・研究成果をその都度
報告するものです。
会員の方々にお送りいたします。(ISSN 1343-1560)

フリーワード検索

No. 22-2 発行年月 2019年10月1日
タイトル 『政経研究時報』No.22-2
2019年10月 発行

2019年度第2回公開研究会 新書大賞2019受賞記念 吉田裕
戦後歴史学と軍事史研究――『日本軍兵士』を手がかりにして――
 主催者挨拶  相田利雄
 参加記 吉田裕「戦後歴史学と軍事史研究」に参加して  中瀬勝義

政経時評
 戦時体制下の徴用工制度と朝鮮人徴用工の工場動員  柳沢遊

定例研究会
 大久保亮治報告「労働価値論と弁証法的唯物論」についてのノート  佐藤亮治

現代経済研究室研究会
 MMT(現代貨幣理論)の有効要因の解明  坂本暉正
 GAFA などデジタル巨大企業の財務構造   小栗崇資

研究所の動向(2019年4月~2019年6月)
No. 22-1 発行年月 2019年4月1日
タイトル 『政経研究時報』No.22-1
2019年6月 発行

2019年度第1回公開研究会 夏目啓二
GAFAをめぐる米中覇権争い
 主催者挨拶  鶴田満彦
 参加記 米中覇権争いと新たな世界秩序  澁谷朋樹

政経時評
 飯館村の風景から感じたこと  前畑憲子

現代経済研究室研究会
 財政赤字をめぐって  齊藤壽彦

論説
 「プラットフォーム革命」とデジタル課税  合田寛

新人事の報告

就任・退任の挨拶
 代表理事・理事長職を了えて  鶴田満彦
 早乙女勝元名誉館長挨拶  早乙女勝元
 新代表理事挨拶  相田利雄
 新館長挨拶  吉田裕


研究所の動向(2019年1月~2019年3月)
No. 21-4 発行年月 2018年3月1日
タイトル 『政経研究時報』No.21-4
2019年3月 発行

2018年度第3回公開研究会 吉田敬一
「亡国の日本型グローバル化と持続可能な地域づくりの課題
 主催者挨拶  鶴田満彦
 参加記 亡国の日本型グローバル化と持続可能な地域づくりの課題  一条三子

2018年度第4回公開研究会 中島三千男
天皇の「代替わり儀式」と憲法
 主催者挨拶 鶴田満彦
 中島三千男 「天皇の『代替わり儀式』と憲法」に参加して  澁谷朋樹

政経時評
 戦死者数についてのこだわり――戦後はまだ終わっていない  吉田裕

現代経済研究室研究会
 多国籍企業とタックスヘイブン――租税回避額の推計を中心に  金子文夫

海外調査報告
 重慶爆撃の被害者を訪ねて  塩澤俊之

研究所の動向(2018年10月~2018年12月)

第3回『政經研究』奨励賞 推薦期間の開始について
No. 21-3 発行年月 2018年12月1日
タイトル 『政経研究時報』No.21-3
2018年12月 発行

2018年度第2回公開研究会 奥村皓一 「トランプ政権における軍産複合体の台頭」
 主催者挨拶  鶴田満彦
 「トランプ政権と軍産複合体」奥村皓一さんの講演を聞いて  合田寛

現代経済研究室研究会
 リーマン・ショック10年
 ――3つの問題提起と3つの残された課題――  建部正義

時評
 出現する世界秩序は、世界戦争で壊滅するのか?
 ――米ドルと同盟と核兵器―― 浦田賢治

2018年度第2回定例研究会
 琉球・八重山列島の近代から東アジアの植民地主義を透視する
 ――「境域」における資本主義の展開と共同性の葛藤――  栁啓明

研究所の動向(2018年7月~2018年9月)

第3回『政經研究』奨励賞 推薦期間の開始について
No. 21-2 発行年月 2018年10月1日
タイトル 『政経研究時報』No.21-2
2018年10月 発行

第2017年度第4回公開研究会
中村行秀 「ポピュリズム」と「ポスト真実」の社会 参加記
 研究会参加記:「ポスト真実」の標的――なぜ、沖縄は狙われるのか  栁啓明
 主催者挨拶  鶴田満彦

2018年度第1回公開研究会
 瀬畑源 公文書と民主主義――なぜ公文書を残さなければならないのか 参加記
 研究会参加記:「公文書と民主主義――なぜ公文書を残さなければならないのか――」に参加して  土井雄貴
 主催者挨拶  鶴田満彦

現代経済研究室研究会
 金融化とは何か  小倉将志郎

定例研究会報告
 定例研究会「空襲体験の次世代継承を考える」報告  北村浩

研究所の動向(2018年4月~2018年6月)
No. 21-1 発行年月 2018年7月1日
タイトル 『政経研究時報』No.21-1
2018年7月 発行

第1回『政經研究』奨励賞贈呈式開催報告
 主催者挨拶  鶴田滿彦
 第1回『政經研究』奨励賞の選考過程  相田利雄
 『政經研究』奨励賞受賞スピーチ  小倉将志郎

現代経済研究室研究会
 現代資本主義における格差と経済危機  高田太久吉

英国視察記
 緊縮政策と「上から」の階級闘争  合田寛

東京大空襲・戦災資料センター調査研究報告
 戸坂陸軍墓地について  山辺昌彦・辻口亜衣

 「政経研と私」  相田利雄

研究所の動向(2017年10月~2018年3月)

No. 20-2 発行年月 2018年3月31日
タイトル 『政経研究時報』No.20-2
2018年3月 発行

公益財団法人政治経済研究所 公開研究会
 まちづくり政策の限界とこれからの商店街
  ―商店街機能強化のための街づくり政策と地域商業活性化誤謬の解消
 小川雅人
 主催者挨拶  鶴田満彦

特集・公益財団法人政治経済研究所附属東京大空襲・戦災資料センター特別展合評会
 東京大空襲・戦災資料センター特別展示「空襲被災者と戦後日本」をめぐって
大岡聡
 展示が示す「戦傷」の意味―特別展「空襲被災者と戦後日本」  別府三奈子
 特別展「空襲被害者と戦後日本」への感想―被害と責任をめぐって  栗原淑江

公益財団法人政治経済研究所研究員交流会開催
 研究員交流会の開催にあたって  鶴田満彦
 研究員交流会開催報告  相田利雄

時評 「投機資本」と経済の「金融化」  宇都宮勉
イギリスのEU離脱  松田真由美

「政経研と私」  大石雄爾

研究所の動向(2017年4月~9月)
No. 20-1 発行年月 2017年9月30日
タイトル 『政経研究時報』No.20-1
2017年9月 発行

公益財団法人政治経済研究所 公開研究会
 核兵器と憲法―朝鮮半島の核危機をどうみるか?  浦田賢治
 危うさの中の暴走―アベノピックス都市再生  岩見良太郎

タックスヘイブンとオフショア金融の研究  坂本暉正
近年における中国シャドーバンキングの変化―銀行理財商品を中心として―  孫智

「政経研と私」  齊藤壽彦

研究所の動向(2017年1月~3月)
No. 19-4 発行年月 2017年3月31日
タイトル 『政経研究時報』No.19-4
2017年3月 発行

公益財団法人政治経済研究所 公開研究会
トランプ大統領で米国経済はどうなるか  萩原伸次郎
 主催者挨拶  鶴田滿彦

公益財団法人政治経済研究所 現代経済研究室研究会
 国際課税の原則と今後の課題―航空機リース課税から考える―  丸井龍平
  日本多国籍企業のグローバル展開―産業空洞化と労働問題―   金子文夫

創立70周年特集「政経研と私」
  ありがたかった『政經研究』での連載  岩見良太郎

研究所の動向(2016年10月~12月)
No. 19-3 発行年月 2016年1月1日
タイトル 『政経研究時報』No.19-3
2016年12月 発行

『政經研究』奨励賞を創設しました

政治経済研究所創立70周年記念講演会要旨
グローバル資本主義とクリーピング・ソーシャリズム
 ―21世紀の資本主義と社会主義を展望する―
 質疑応答
柴垣和夫

政経研創立70周年記念講演会・祝賀会
研究所創立70周年記念講演会・祝賀会開催される
齊藤壽彦

主催者挨拶
鶴田滿彦

来賓挨拶
北原勇

政経研と私
席のない在職20年
山口孝

政経研と私の関係
早乙女勝元

政経研と大島社文研と私
北村実

政経研定例研究会から考える
渡辺新

研究所の動向(7月~9月)

代表理事・理事長、鶴田 満彦からのご挨拶

調査研究受託事業のご案内

  • 企業分析
  • 行政・議会・議員・政党からの受託
  • 市民セクターからの受託

詳細はこちら

ご入会について

政治経済研究所維持会員・研究会員のご入会案内です。

詳細はこちら

ご寄付のお願い

当法人の活動は皆様のご寄付で成り立っています。

詳細はこちら

刊行物・書籍紹介

書籍表紙

学術刊行物『政經研究』や政経研究のニュースレター版『政経研究時報』、『世界経済史概観』など各種刊行物・書籍のご紹介。

刊行物・書籍一覧

政治経済研究所へのアクセス

公益財団法人政治経済研究所
〒136-0073
東京都江東区北砂1丁目5-4
Tel 03-5683-3325
Fax 03-5683-3326
最寄駅
半蔵門線 住吉駅
都営新宿線 西大島駅
東西線 南砂町駅

アクセスについて

付属機関

東京大空襲・戦災資料センター

pagetop